先日、予告しました古民家レンタルスペースぱれっと」さんで出会った西田さんについて詳しくご紹介します。

西田さんはよく京都の伏見稲荷大社へお参りに行っていたそうです。
5~6年前に伏見稲荷大社の奥に大きな山があり、その山で出会った人に「笛を吹きなさい」と言われ、その後も違う方から同じことを言われることが何度か続き、そんなある日、霊感の強いという方に出会い「真剣に笛をやって下さい」と言われたそうです。
それまでは趣味程度だった笛を、そのことをきっかけとして神社やお地蔵様やお寺などのご縁があった所でお参りをし、本格的に笛を吹くようになったそうです。
西田さんご本人の記事がコチラ→(笛)
それまで普通の専業主婦だった西田さんは「ちゃんと神様、仏様に笛の音を捧げていこう」と4年ほど前に決心したところ、笛をきっかけに様々な人に声をかけられるようになり、ほぼ同時期に「テンペ」の魅力に出会った西田さんは、あわせてテンペの魅力も紹介していらっしゃいます。
「不思議とご縁が繋がっていくんです。偶然は必然だということを実感することが多いです」とおっしゃっていました。
そんな時、西田さんのご実家はお豆腐屋さん(今福東:とうふや幸楽)なのですが、一時は閉店するというような話が出ていた頃、それまでサラリーマンだったご主人が突然「跡を継ぐ」と言い出して急展開し、急にご夫婦で「同業者になったんですよ」と笑っていらっしゃいました。
(きっとご加護があったのだろうと思います)
笛の練習やテンペを作ったりしている合間に「笛を聞かせてほしい」と連絡があった所へ出かけて行って(笛を吹くことに料金は発生しない)いるそうです。
笛を吹く場所は社があってもなくても、神社やお地蔵様以外の例えばカフェなどでも要望があれば出かけていかれるそうです。
そんな笛の音を聞いてもらうこととテンペの魅力を伝えることを主に精力的に活動されている西田さんですが、今まで口コミだけで、宣伝らしきことをしたことがなかったらしく、初めて活動を知ってもらおうと「古民家レンタルスペースぱれっと」さんで打合せを兼ね、お地蔵様に笛の音を聴かせていらっしゃいました。
テンペ ホームページ
そんな西田さんに興味を持ち、今回、運よく初の告知を「はなてん界隈」でご紹介できることをとても嬉しく思います。
あなたの身近にある「お地蔵様に是非、笛の音を聞かせたい」と思われた方など、ぜひ西田さんにご連絡してみてください。
【9月の西田さんの予定】
9月7日(土)鶴身印刷所フェスタ2019 (鶴身印刷所ホームページ)
↓拡大します↓
tsurumiinsatsu_3_ok
9月20日(金)古民家レンタルスペースぱれっと テンペ試食会 (ヘッドマッサージ体験も同時開催)
tenpe_3_ok
↓拡大します↓
tenpe_2_ok
tenpe_1_ok